坂野法律事務所|仙台|弁護士|

【営業時間】平日10:00〜18:00
022-211-5624

受任事件一覧

過去に取り扱った医療過誤事件(介護事件を含む)の概要及び結果

    • 番号
    • 年度
    • 医療機関
    • 患者
    • 疾患名
    • 手続き
    • 医療過誤の内容
    • 結果
    • 313
    • H28
    • 介護施設
    • 男・死亡
    • 誤嚥性肺炎
    • 証拠保全
    • 誤嚥性肺炎の悪化で死亡
    • 過失なし
    • 314
    • H28
    • 総合病院
    • 男・死亡
    • 憩室炎・大腸穿孔
    • 交渉
    • 憩室炎による大腸穿孔から汎発性腹膜炎を来して死亡
    • 示談成立
    • 315
    • H28
    • 診療所
    • 脂肪腫
    • 交渉
    • 美容形成で醜状痕
    • 不調、終了
    • 316
    • H28
    • 介護施設
    • 廃用症候群
    • 交渉
    • 転倒による骨折で長期入院となり廃用症候群となる
    • 示談成立
    • 317
    • H28
    • 総合病院
    • 完全房室ブロック
    • 交渉
    • 完全房室ブロックに対しペースメーカーが埋め込まれたが接続不良によるペーシング不全で心不全悪化
    • 不調、終了
    • 318
    • H28
    • 公的病院
    • 水頭症
    • 交渉
    • 幼児期水頭症にV-Pシャント手術。成人後、腹部に嚢胞形成、嚢胞摘除しシャントチューブを引き抜いて外ドレナージするも接続部はずれて髄液漏出。シャントチューブ結紮したために脳圧亢進し心停止から遷延性意識障害となる
    • 交渉中
    • 319
    • H28
    • 公的病院
    • 下咽頭癌
    • 交渉
    • 下咽頭癌の見逃しで根治的手術不能
    • 交渉中
    • 320
    • H28
    • 総合病院
    • 尿管損傷
    • 交渉
    • 子宮鏡下子宮全摘術中に左尿管を損傷したが発見が遅れ、その後膀胱尿管新吻合術を受けるも頻尿の後遺症
    • 交渉中
    • 321
    • H28
    • 総合病院
    • 大腸癌
    • 提訴
    • 検診で便潜血反応陽性と胸部レントゲン異常所見指摘され精査目的で受診。最初に受診した呼吸器科は消化器内科を紹介せずに大腸癌発見が半年遅れた。
    • 交渉中
    • 322
    • H28
    • 診療所
    • 早期卵巣不全
    • 証拠保全
    • 検討中
    • 323
    • H28
    • 介護施設
    • 男・死亡
    • 窒息
    • 提訴
    • 認知症のショートステイ入所者の食事監視を怠り窒息死
    • 係属中
    • 324
    • H28
    • 公的病院
    • 尿管損傷
    • 交渉
    • 腹腔鏡下結腸切除術の際に誤って左尿管を損傷し水腎症となる
    • 交渉中
    • 325
    • H28
    • 介護施設
    • 骨折
    • 交渉
    • 入浴介助中に転倒させ骨折し歩行不能となる
    • 交渉中
    • 326
    • H28
    • 公的病院
    • 食道挿管
    • 交渉
    • 経食道エコーのため全身麻酔かけたが挿管困難で挿管を繰り返すうちに食道挿管となったが気づかずに低酸素脳症から遷延性意識障害となる
    • 交渉中
    • 327
    • H28
    • 公的病院
    • 大腿神経損傷
    • 交渉
    • 左大腿部脂肪腫摘出術に際して左大腿皮神経を損傷し、神経麻痺が残存
    • 交渉中
    • 328
    • H28
    • 総合病院
    • 脳動静脈奇形
    • 調査
    • 脳動静脈奇形に対する塞栓術後にくも膜下出血を来し、開頭血腫除去を行うも後遺症を残す
    • 調査中
    • 329
    • H28
    • 総合病院
    • 大腿神経損傷
    • 証拠保全
    • 右顎下の腫瘤を良性甲状腺良性腫瘍として経過観察にとどめたが、実際は悪性末梢神経鞘腫で発見時は遠隔転移あり、死亡
    • 検討中

注:公的病院には独立行政法人、旧国立病院、旧国立大学病院、自治体の設置する病院、日赤が含まれています。民間総合病院とは当該地域で基幹的な病院のことです。
勝訴的和解(示談)とは、具体的事案に即して妥当な解決ができたと思われる事案を意味します。中間的和解(示談)とは、必ずしも満足のいくものではないものの意味のある解決ができたと思われる事案を意味します。敗訴的和解(示談)とは、敗訴を避けるためにやむを得ず不本意な解決をせざるを得なかった事案を意味します。単に和解成立、示談成立とあるのは、和解内容・示談内容について非公表とする合意があるため解決水準を示していないものです。係属中とは訴訟中の意味です。